最果ての工房

益体もない雑記がお好き?結構。ではますます好きになりますよ。さあさどうぞ

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちくそぉい!  

おじぃの見舞い(2回目)行ってきた。

急に主治医の先生から「これからの治療計画についてお話があります」と申し出があって

叔父と一緒に2人で話聞いてきた。

それによると



・肺炎自体は快方に向かっている

・ただし肺の機能はかなり落ちている

・退院しても人工呼吸器になる(寝たきりになる)かもしれない

・そもそも退院できるかが微妙




正直、かなりショックだった。

もうおじぃと一緒に美味いモン食ったりできなくなるのかと思うと、すげー悲しくなった。

でももうほとんど機能してない肺で、必死に呼吸して生きようとしてるおじぃを見てその場では

泣くのを我慢した。

帰ってきてオカンに主治医から話があったことを伝えると「覚悟しなきゃならないね」

叔父も「俺も今回ばかりは覚悟してる」

覚悟って何の覚悟だよ!?

おじぃまだ生きてるじゃねーか!

そう思ったら憤りと悲しさで涙が出てきた。

でも俺は諦めない。

例えおじぃが今より不自由になっても、生きててくれる方が万倍マシだ。

死ぬ覚悟をするのが大人だってんなら、俺は喜んでそんな肩書き捨ててやる!

俺は世界でただ一人になった「おじぃの孫の結祁」として、希望を持ち続けてやる!!

gdgdんなったけど、それが俺の今の偽らざる気持ちだ。

あとおじぃのことで「お大事に」とか励ましてくれる皆、ありがとう。

そのおかげで何とか俺もやっていけてる!
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://farthest0193.blog.fc2.com/tb.php/1326-fc423f13
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

スーパーリンク

ブロとも申請フォーム

ブロとも一覧

検索フォーム

リンク

Twitter

カウンター

アクセス解析

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。