最果ての工房

益体もない雑記がお好き?結構。ではますます好きになりますよ。さあさどうぞ

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

特撮リボルテックNo.006大怪獣ガメラ レビュー  

レビューの前に今日のお届け物ー。







MG 1/100 GNT-0000 ダブルオークアンタ購入。



<今日の買い物3,000円 今月合計7,590円>



急に尼で安まっていたので。

MGエクシアの発光ユニットがそのまま流用できるらしいんだけど、行方不明…。

ま、まぁいいやとりあえず今度何とかすることにしよう。



ではレビューは続きから。




今年の誕生日プレゼントにそーいちくんから頂いたガメラ。

「積まないでね」と手紙も入っていたんだけどかなり寝かせてしまってゴメンよ。

今こそ封印を解く時!







内容物。

厳密な人型ではないせいか、手首は平手と握り手のみ。

あとはエフェクトパーツが。







素立ち。

このガメラは1995年公開の「空中大決戦」当時のスタイルを再現。







正面から。

アゴはリボ球で結構ガバリと開くよ。

もうちょっと股関節のリボ球を工夫すれば接地が良くなると予想。







後ろ姿。

甲羅の刺々しい質感がグッド。

尻尾にもふんだんにリボ球が使われていて表情が付けられる。

非常に重量感の溢れる姿だね。







亀っぽく4足歩行も再現可能。

劇中でこういうシーンがあったかはちょっと思い出せないのだ…。

はっけよいみたいな感じでもある。







握りこぶしに換装。

ガメラの鉄拳は全てを砕く!







プラズマ火球をくらえー!

塗りがきちんとしていて雰囲気は抜群。







股関節を丸ごと取り替えて、ジェット噴射飛行シーンを再現。

ガメラといえばもう一つ、四肢や頭を全部収納しての回転飛行があるけど残念ながら再現不能…。







火球エフェクトを担いで偽元気玉っぽく。







アイアンクロー!

あらゆる敵を粉砕する強靭な腕と爪だ!







イェーイイェーイ。

コミカルなポーズが似合うのも、ガメラが人類の味方の怪獣だからだなっ!



総括:

造形・塗装共に文句無しの出来で満足度はかなり高い。

リボ球独特の癖を見抜けば、幅広いポージングが可能。

「空中大決戦」を観て感動した人には手放しでオススメしたい一品。

これは確かに、特技監督が「凄い!悔しい!」と唸ったのも頷ける。

リボルテック全体でも傑作の域に入ると思う。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://farthest0193.blog.fc2.com/tb.php/1460-039790c6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

スーパーリンク

ブロとも申請フォーム

ブロとも一覧

検索フォーム

リンク

Twitter

カウンター

アクセス解析

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。