最果ての工房

益体もない雑記がお好き?結構。ではますます好きになりますよ。さあさどうぞ

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

死と生  

トラブルじゃないけど、ちょっと色々考える事があったんで追記に書きます。
ネガティブor下手くそぅな哲学が多分に含まれるため閲覧注意です。
昨日、Twitterのとあるフォロワーさんがタイムライン上に「遺書」を書いていた。
内容をかいつまむと今までありがとう、18日に自殺を決行します。
というものだった。
彼をそこまで追い詰めるものは何なのか、ともすれば誰からも見られない可能性のある
タイムラインに「遺書」を流した理由はどういうものだったのか。
俺には少なからず心当たりがある。
まず彼はどう贔屓目に見ても鬱病を患っていた。
病からくる鬱状態というのは酷いもので、とにかく自分自身が分からなくなる。
分からなくなって、否定して、最後には壊したくなってしまう。
前が見えない。
体とか視力的な意味でなく心が闇の中に落とされてしまう。
一度落ちると、這い上がるのは一人では難しい。
難しいというよりは無理に近い。
彼の事はTwitter上でしか知らないが、礼儀正しく、真面目な印象を受けた。
そういう人に限って、社会・他者・自分の暗黒面を見ると鬱病にかかってしまうのだ。
ここまでが一般的な鬱の話。
じゃあ死を選ばせる理由ってなんだろう。
これは人によると思う。
鬱からくる衝動的な絶望。
未来への長期的な絶望。
経済的理由かもしれない。
俺の場合はとにかく自分自身が嫌いで嫌いで、生まれ落ちたことさえ絶望して
刃物で自傷行為を繰り返していた。
血を流していればいつかは死ねると思っていた、我ながら都合の良い解釈である。
彼は絞首…つまり首吊り自殺を考えているらしい。
2日くらい前に予行演習(その時点で成功していたらどうしたのかまでは分からない)を
していたようだ。
一般論で言えばだが…首吊りはなかなか悲惨な死に方をする。
糞尿を垂れ流し遺体の状態も酷い。
もし発見が遅れれば、というのは想像に難くないだろう。
敢えて辛い死に方を選ぶというのも鬱状態の傾向かもしれない。
では何故俺と彼では選択した道が違ったのか。
俺は自傷行為で重度の貧血と食事をストライキしたことによる急性胃腸炎で
病院に担ぎ込まれた経験がある。
その時は腕だけでなく体も切っていたので、見た目散々なつぎはぎ状態だったのだが
それを見た若い医師が、笑っていた。
爆笑ではなく薄ら笑いだったのだけど確かに自分の状態を小馬鹿にしていた。
貧血と腹痛で意識朦朧としていつの間にか処置は終わっていたけれど…自分には
鬱状態よりもそれの方がはるかにショックだった。
もう一つは、当時会社勤めしていたので産業医面談というものがあった。
何回目かの面談で課長と産業医の会話が、外で待機していた俺の耳に入ってきた。
言うには「こいつは自傷ばかりしていて手に負えない。いずれ他人に危害を加えるだろう」と。
俺が?人に?怪我を負わせる?
俺の傷は俺だけのものだった。
だがはっきりとそう言われたことで何かが吹っ切れた。
冗談じゃない、人にまで痛みを背負わせて何が病気か。
それから俺の自傷癖はほとんどなりを潜めた。
彼は、どうだろう。
見る限り、自傷などが常態化している素振りはなかった。
しかし階段を一段二段飛ばす形で自殺を選んでしまった。
厄介なのは、それが間違いではないのだということだろう。
ここまで来ると自殺は悪か?それとも…と堂々巡りになってしまう。
けれども、俺は彼には生きていて欲しい。
エゴだろうが自己満足だろうが俺が少しでも力になれるのなら彼のために使いたい。
人間は生まれてすぐ死へ向かってゆるやかに歩き出すという言葉を聞いたことがある。
俺には正直死が先か生が先かなんて難しいことは、分からない。
母方のじいさまはいつも「死んで花実が咲くものではない」と言っていた。
つまりは死んでしまっては何にもならんということだ。
今の俺に分かるのはそれだけだ。
だから俺は綺麗事も言うし嘘もつく。
そうしないと、失うから。
我ながら傲慢だ。
かつてあれだけ周りを心配させておいて今度は、死ぬなと言う。
けど生きていたいと思ったから、俺はそれを彼に押し付ける。
押し付けなきゃ駄目なんだと思う。
責任ははっきり言って持てない、彼がどれだけ本気なのかも分からないのだ。
でももし、「本気中の本気」なのだとしたら何もしなかったら後悔し続けるんじゃないかな。
後悔は、やり切った後にでも取っておけば良いのだから。
スポンサーサイト
コメント

No title

>波瀬さん
確かに、生きていく事は色々しがらみとかあって難しく、ともすれば死を選ぶ方が楽って考え方も出来るんですよね
でも死んじゃったらなんにもならない
何より残された人は、悲しみを背負って生きていかなければいけないわけで…
仰るとおり、話を聴くくらいしか出来ませんが本音が引き出せれば良いのかなと

お気遣いありがとうございます

結祁 #- | URL
2015/06/15 08:58 | edit

自分自身に対しても他人に対しても死なす事は簡単だけど生かすって事は難しいよなぁ

助ける事はエゴでもなんでも無いと思うし良い事なんだろう
件のフォロワーさんが内罰的にならない程度に吐き出させる位しか
出来ないと思うけどね

入れ込み過ぎて結祁さんも引っ張られない様にお気をつけて

波瀬太郎 #- | URL
2015/06/14 22:55 | edit

コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://farthest0193.blog.fc2.com/tb.php/2496-af6cfe59
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

スーパーリンク

ブロとも申請フォーム

ブロとも一覧

検索フォーム

リンク

Twitter

カウンター

アクセス解析

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。